July 21, 2019

Please reload

最新記事

ココロとカラダを鍛える発達教室「ココカラ」PV

January 9, 2019

1/2
Please reload

特集記事

おもちゃのメリット・デメリット

July 31, 2018

 

 

こんにちは!
ままこやキッズ担当の山野井政一です(^^)

 

 


おもちゃには素晴らしい魅力がありますね。

泣いている子もおもちゃでご機嫌になったり、

おもちゃに夢中で集中したり。

 

 

今回は、おもちゃのメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

 

 

【おもちゃのメリット】

 

 

①集中力がつく

 

おもちゃは楽しめるように作られているため、おもちゃで遊ぶと自然と集中でき集中する力がつきます。

 

 

②手先が器用になる

 

おもちゃは手で操作するものが多く、手先を多く使うこととなり、手先が器用になります。

 

 

③想像力がつく

 

ブロックなどのおもちゃでは、形を変えたりするために想像しながら作るため想像力がついていきます。

 

 

 

 

【おもちゃのデメリット】

 

 

①依存する

 

おもちゃには楽しくさせる効果がある反面、おもちゃに依存する力も持っています。

「あのおもちゃが良い」

「おもちゃを買って」

「おもちゃじゃないとイヤ〜」

 

おもちゃがないと楽しくない~とならないように適切な距離を覚えさせましょう。

 

 

②想像力の妨げになる

 

ブロックなどのおもちゃは、想像力が伸びる効果がありますが、使い方が決まっているおもちゃの場合は想像力の幅を狭くする可能性がでてきます。

 

 

③外での遊びの機会を奪う

 

おもちゃは基本的には家の中で使うものが多いため、おもちゃで遊ぶと外に出る時間が減ってしまいます。外で遊んだほうが刺激が多く、子ども達の「脳や身体の成長を促してくれる」ため、外で遊ぶ時間も意識して作るようにしましょう。

 

 

④コミュニケーションの機会が減る

 

おもちゃは一人でも遊べる便利なもの。しかし、その反面お友達や親子でのコミュニケーションの時間が減少してしまいます。人と人との関わりが、最も成長するうえで大切な要素となるため、コミュニケーションを促しましょう。

 

 

 

おもちゃのメリット・デメリットについてまとめてみました。

1歳までは、おもちゃのメリットが最大限に有効に使えるかと思います。

 

 

 

ですが、1歳を過ぎてからは、

おもちゃの依存させる力や経験不足といったデメリットの影響が出てきます。

 


 

おもちゃやゲームで遊ぶ際は時間や回数管理を徹底して遊ぶことで、適切な距離を覚えさせましょう。

 

 

そして、子供達には自分が行動して遊ぶ事でより楽しく、

家族や社会の一員だいう経験を6歳までにさせることが大切です。

 

 

 

〇お問い合わせ

≪0歳からの赤ちゃん教室≫

ままこやベビー教室 https://line.me/R/ti/p/%40zch9305g

 

≪2歳半~就学前までのメンタル・コミュニケーション教室≫

ココカラ教室 https://mamakoyababy.wixsite.com/kokokara

 

≪4歳~就学前までの体験型教室≫

ココカラチャレンジ教室 https://line.me/R/ti/p/%40bzo6995f

 

≪5歳~9歳までのスポーツ教室≫

ココカラスポーツ教室 https://line.me/R/ti/p/%40bzo6995f

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square